自己破産申請を実行したとしても公的な機関などから親族にダイレクトに連絡がいくなどということは考えられません。80-2-7

したがって、家族や親類には明らかにならないように自己破産の手続きができる可能性もあります。80-8-7

ただ、現実問題として、自己破産申請を申立てる時に裁判所から同居している両親や兄弟などの給金を記載した証書や銀行の預金通帳の複製などという証明書類の提供を有無をいわさず求められることがありますし債権者から親族へ連絡がいくなどということもあり得ますから家族や親族にばれずに自己破産の申立てが行うことができるという100%の確証は得られないと考えられます。80-4-7

無理に内緒にして後になって知られてしまうよりはまず最初から誠実に本当のことを打ち明けて家庭のメンバー全員の協力を得て自己破産の申立てを克服する方が無難でしょう。80-20-7

しかし、違う場所に住んでいる家族や親類に関しては自己破産申請を実行したことが知られるなどといったことは取り敢えずのところ考えなくて良いと理解して問題ありません。80-14-7

妻あるいは夫の支払い義務を滅することを目的として別れることを検討する早まったカップルもいらっしゃるようですが、まずたとえ婚姻関係を結んだ間柄である場合でも法的には自らが書類上の連帯保証人という立場にならない限りにおいて法律的な支払い強制力は発生しないのです。80-7-7

ですが、(連帯)保証人身を置いているならば離婚を実行したとしても民法上の義務に関しては残存してしまいますため法的な支払義務があると言われます。パニック障害 自律神経失調症

ゆえに離婚を行ったからといって返済義務の支払い義務が斟酌されるということはまずないのです。80-9-7

さらには、たまに借入先が借金を持つ人の親族に支払の請求をしてしまうといったこともありますが連帯保証人や保証人を請け負っていないようであれば子供と親の間や姉と妹といった類いの近親者間の負債であっても家族や親類に民法において支払い義務は考えられません。80-6-7

実際は業者が法的な支払い義務と関係のない家族や親族などへ支払いの催促を行うのは貸金業を規制する法律に関する行政の運営規則内で禁じられているため、支払督促のしかたによりますが貸金業を規制する法律の督促のガイドラインに背くこともあります。80-18-7

という訳ですから法的な支払い義務を持っていないにもかかわらず借入者の近親者が支払請求を受けたという事実が存在するようならば業者に催促を直ちに停止するよう警告を発する内容証明の郵便を送るのが良いでしょう。

人によっては債務者その人の事がとてもかわいそうでならないからといって本人を除く親族が返済義務を代わりに請け負って返済してしまうということもまりますが借り手本人が好意に安心してそれ以降も多額の借金を繰り返すことがあるのです。

よって借金を持つ本人事情を思いやれば厳しいかもしれませんが借金を持つ本人努力でお金を返済させるか自力での返済が無理であれば自己破産手続をさせる方が借りた本人今後の生活のためになると思われるのです。

Copyright © 2002 www.mybeaubebe.com All Rights Reserved.
80-16-7 80-13-7 80-11-7 80-17-7