為替介入は聞いた事がありますか?日本銀行が為替介入(外国為替平衡操作)をして新聞、テレビのニュースネットなどの報道記事で見かけたみなさんも多いでしょう。

初めから為替介入(外国為替市場介入)というと日本では、大臣(財務大臣)為替のレートの安定性を実現するように実施する手はずということで位置づけられています。

簡単に言えば、極端な円高や円安になった際に財務大臣の指図をもとに日本銀行が円を売り買いして為替レートの安定を狙う、ことを言います。

為替の介入とはいくつかやり方があります。

1.単独介入・・・行政・日銀が東京での市場において自主的に市場に加わって外国為替市場介入(為替介入)をする。

2.協調介入・・・いくつかの通貨当局が相談し、各々の銀行などがお金を利用して一斉にあるいは引き続いて為替介入(外国為替平衡操作)を実施していく。

3.委託介入・・・他国の通貨当局に対して為替介入をお願いする。

4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が国外の通貨当局に代わって外国為替市場介入(為替介入)を実行する。

以上のような方法です。

いずれの為替の介入も一時、もしくは引き続き為替に多くのインパクトを与えることになります。

外国為替平衡操作(為替介入)の金額はさすが自国の威信をかけて行なうのですから段違いなのです。

円を基本にして考えると、いつもはほんの少し変化している相場が突如数円ごとの動きをするのです。

個人で投資をしている方なら過去に体験していると思いますがそれまでは順調に利益(もしくは含み損)が多くなっている保有高を持ち続けていたのですが、その保有高が決済したとの連絡がFX業者の人間よりメールが来ました・・・どのくらい得になったのかな(損したのかな)?と思いながら決済報告を見ると自ら推測していた内容とは正反対の状態となり驚いたとのことがよくありました。

為替介入(外国為替市場介入)が行われた時によくある話なのです。

こういったことから為替介入が実施されることで、為替市場の流れと真逆の動向をするのです。

それだけでなく動く額の大きさはものすごく大きくでかく動くので気をつけましょう。

Copyright © 2002 www.mybeaubebe.com All Rights Reserved.